ホーム > 事業紹介一覧 > 大成建設株式会社様
大成建設株式会社
現場業務の効率化・競争力向上を狙い、「作業所Net」(作業所・現場の関係者間の情報共有)、「グリーンサイト」(労務安全書類の管理)を全現場で導入。
お客さまニーズ

建設投資額の減少とそれに伴う競争激化や品質保証の厳格化が求められる中、建設会社各社でも効率的な業務処理や生産性向上を目指してITへの取り組みが進み、電子調達・施工管理業務など連携を社外に広げた生産活動のコア部分においてIT活用した事例が増え始めています。
このような背景から、大成建設様は、全社的な業務の見直しと業務改善を進められ、建設工事に従事する関係者(施主、設計会社/コンサルタント、監理会社、元請会社、JV他社、協力会社等)がインターネットを利用し、“その画面に行けば建設現場の業務ができる”という総合的な情報共有基盤(=ポータルサイト/玄関画面)として「建設サイト」をカスタマイズした「作業所Net」の利用をされています。

ソリューション
上図:「作業所Net」全体イメージ

1. 情報環境基盤として作業所業務ポータルを構築
個々の作業所・現場の関係者が情報共有・連携を図りながら、業務ができるような場を提供するために、作業所業務に適した統一的な情報共有基盤の仕組み(認証機能、ポータルサイト、標準フォルダ、社内システムへのリンク等)を構築し、作業所の関係者(施主、設計会社/コンサルタント、監理会社、元請会社、JV他社、協力会社等)が情報を共有する仕組みを利用することにより、効率的に業務処理ができる環境を作りました。

2. 業務標準化を実現するための標準フォルダ(書類管理機能)を構築
安全管理、品質管理、工程管理等、多岐に渡る作業所・現場業務の標準化を実現する為、大成建設標準のフォルダ(書類管理機能)を構築しており、建築と土木の別や、工事のステータス区分に応じたフォルダをそれぞれ設けています。
結果、アクセスコントロールを含む統一された環境ができ、業務手順の標準化や重複作業の削減、問合せ確認の省力化等により、効率的に業務を処理する仕組みが実現しました。

導入効果
  • 作業所・現場の関係者が、工程進捗や図面データなど建設工事に必要な情報を、常に最新な状態で共有可能。(資料配布や電話、FAXなどの煩雑さを削減。)
  • 実務に即した標準フォルダ(書類管理機能)を利用することにより作業を効率化。
  • 安全書類の管理・確認作業もASPを利用することにより業務量軽減・効率化が可能。
  • データ履歴管理や閲覧履歴等、セキュリティ対策も十分に対策。
お客さま情報

大成建設株式会社
社長室
情報企画部長
柄 登志彦様


大成ロテック株式会社
常勤監査役
木内 里美様

前大成建設株式会社
理事
社長室 情報企画部長
大成建設では、2000年に情報企画部が社長室のもとに機構変更し、全社的なITシステムの見直しがスタートしました。

その一環として、国内外の支店・営業所含め、全国に約1,000ヵ所以上ある「作業所」と呼ばれる建設現場との情報連携や、多岐に渡る業務の標準化や品質管理の向上、コスト削減等を狙ったシステムの再構築を企画し、アウトソーシング型でセミカスタマイズが可能で、自社にて開発・運営する「TRIOPLAZA」(現在の名称は「SUPER-TRIO」)ともマッチングできるようなサービスを求めていました。

国内ITベンダー9社に提案を依頼した結果、実績やフットワークの良さなども含め、我々の要望に一番応えてくれた三菱商事様をパートナーとして選定しました。
2003年の「作業所Net」の運用開始より5年経った今、それまでITとは縁遠かった現場からも、情報システムの基盤として一定の評価を得られ始めており、我々の選択は間違っていなかったと考えています。

大成建設が目指すITを中心としたワークスタイルの浸透や、ITを通じた経営効率化は本来地道な作業の積み重ねです。「作業所Net」などIT案件は、すぐに投資対効果が現れるものではありませんが、現場業務の効率化・競争力向上に必ず役立つという経営陣の直感と強い意志が成功の決め手であると思います。
大成建設株式会社
建築本部 建築部
担当部長
南林 和様
「作業所Net」の運用開始より5年経ちましたが、現場での作業の仕方は大幅に変化しました。一番わかりやすい例としてはCADデータでの図面管理、現場への案内図提供などです。作業の下支えをする情報基盤として、業務効率化に大きく役立っています。

三菱商事様には、現場からの細かな要望を含め、かなり無理をお話していますが、よく対応してもらっています。全国の協力会社からの利用申込の受付や、膨大な数のID管理など、自社対応では困難な部分に関しても、丁寧に対応してもらっており助かっています。

今後の課題としては、業務システムに関する現場視点での使い易さの追求や、作業員への更なる利用浸透などがありますが、これからも三菱商事様の対応力に期待したいと考えています。

(本掲載内容は2008年8月時点のものです。)
お客さま情報
お客さま名 大成建設株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿一丁目25番1号 新宿センタービル
URL http://www.taisei.co.jp/
概要 明治6(1873)年、大倉喜八郎によって大倉商会として創業し、1946年、初めて「建設」を社名に用い、大成建設株式会社と改称、現在に至る。事業領域は、街づくりをコーディネートする都市開発事業、プラントやロジスティックスシステム、エネルギーシステムなどのトータルなソリューションを提供するエンジニアリング事業、土壌浄化、生態系保存・修復など自然と人との共生を目指すエコロジー事業など広範囲にわたっています。
「人がいきいきとする環境を創造する」ことをグループの共通の経営理念とし、世界レベルの技術力とノウハウ、高度な企画・提案力を礎に新しい建設ビジネスを創造しています。
前のページへ戻る
このページの先頭へ
元請けの資料請求・お申込み・お問合せ
協力会社の資料請求・お申込み・お問合せ
建設サイト・シリーズのご案内
事例紹介一覧